fc2ブログ
plants:同じ時期に!?

真夏の花との花


2021-10.jpg

真夏の花プルメリアと
の訪れアーモンドの花・・・
なぜか同時に咲いています。

GSのお友達
グリーンアドバイザーの資格を持つ方に
よると…

花芽を形成するために必要なポイント
日照時間の長さと気温だそう。

今年は、やアーモンド・リラ・木瓜
などに咲く花が咲いて驚いております。

天気のなぞ さんの記事・・・
https://style.nikkei.com/
季節外れの開花にはこの「葉っぱ」の
状態が重要な鍵を握っているのです。

は本来、夏の間に翌の花芽を作ってから
休眠に入ります。このとき、花芽には、葉で作られ
花芽に届く「休眠(成長抑制)ホルモン」によって、
咲くことを「待て」の状態にされているのです。

そして、葉が落ち、冬の寒さで休眠から目覚め、
次第にの暖かさを感じて、つぼみが成長して
開花を迎える、というサイクルです。

ところが、夏に何らかの原因で葉が落ちてしまうと、
継続的に花芽に届けられる休眠ホルモンが
十分に届かなくなってしまいます。
そして、夏の終わりを告げる涼しさを冬と間違え、
その後再び気温が高くなると「あ、が来た」と
勘違いしてしまうのです。
すると、開花までのサイクルが早まり、秋に
花を咲かせてしまうことがあるのです。”

確かに…やアーモンドは虫食いなどで
丸坊主になりました。
ライラックは葉焼けして半分以上が
落葉してしまいました。

着花習性の詳細>>https://nao-k.jp/

春に梅やの花が咲くとき、葉は付いて
いませんよね。

一見花が咲くしくみには関係ないようにも
思えますが、実は春にきちんと花を咲かせる
ためには葉の役割が不可欠なんです。

その理由は、葉から花芽に送られる抑制物質
アブシジン酸) です。
葉は日の長さを感じるセンサー としての
はたらきを持っています。

花が咲く前年、秋に向かって日が短くなるのを
感じると、花芽が成長しないようアブシジン酸
を出すといわれています。


633506a3-s.png

この作用のおかげで、秋に小春日和の気候が
続いたとしても「春が来た」と勘違いせずに
済むというわけですね。

狂い咲き原理
狂い咲きが起きるのは、台風や虫が原因で葉が本来
の落葉時期より前になくなってしまうから。
花芽の成長を抑える葉がなくなると、秋や冬でも
花が咲いてしまう。
上記は、春に咲く花のひみつ より
http://daiko-zoen.blog.jp/archives/69519088.html

こちらの記事が参考になります。
https://gardenstory.jp/stories/3176
植物ってどうやって季節の変化を見分けるの?
【植物学基本講座】

”昼夜時間の長さが植物の花芽形成に影響する
性質のことを「光周性(こうしゅうせい)」と呼びます。

光周性には「長日性(ちょうじつせい)」と
「短日性(たんじつせい)」の2つがあります。
この昼夜の長さの変化を感じ取っているのは、
植物の葉です。

昼夜の長さの時間変化で重要になってくるのは、
実は日照時間の長さではなくて夜の時間の長さです。

つまり、植物は光が当たらない時間の長さの変化
を感じ取ることで花芽を形成するための有効物質を
つくっているのです。

この、花芽形成に最低限必要な暗闇の時間のことを
「限界暗期(げんかいあんき)」と呼びます。
限界暗期より、暗闇の時間が長くなると花をつける
植物が「短日植物」、暗闇の時間が短くなると花を
つける植物が「長日植物(ちょうじつしょくぶつ)」です。

この暗闇の時間の途中に光を当てた場合、長日植物は
花芽を形成しますが、短日植物は花芽をつくらなく
なります。その他、日照時間の長さに関係なく花を
つける「中日植物(ちゅうじつしょくぶつ)」
というものもあります。

光中断(ひかりちゅうだん)
先に触れたとおり、植物の花芽を形成するためには
暗闇の長さが重要。その暗闇の時間の間に、
人口的に強い光を当てたらどうなるでしょうか。

その答えは、暗闇の時間がリセットされる、です。
短日植物の場合、夜の間に光を5分間当てる
だけでも花芽の形成が阻害されます。

夏以降に咲く植物の場合、街灯の明かりなどに
気をつけると、花芽がつきやすいかもしれません。
一方、長日植物ならば、夜の時間が長くても、
光を当てることで花芽を形成させることができます。

夏至を過ぎれば日が短く、冬至を過ぎれば日が
長くなる。そんな季節の変化を感じ取り、植物は
つぼみをつけ、花を咲かせ、一年を過ごしています。

もっとも、実際の環境においては日長の変化
だけではなく、気温や降雨量など、様々な要因が
絡み合って花を咲かせている場合も多く、一概に
いうことはできません。

けれど、開花が緻密な仕組みの上に成り立って
いることを知ると、よりその美しさが際立つように
思いませんか? 
これを機に、ぜひ身近な植物をじっくり眺めてみて
ください。今まで気づかなかった新たな発見が
あるかもしれません。”
と書かれていました。

長日植物
カーネーション、宿根スイートピー、ペチュニア、
アヤメ、ダイコン、アブラナ、キキョウ、フヨウ

短日植物
アサガオ、キク、コスモス、ポインセチア、
シャコバサボテン

中日性植物
スイセン、紫陽花、コデマリ、チューリップ
バラ、パンジー、シクラメン、ゼラニウム

中日性植物には、四季咲きや2季咲きに
分類される植物を多く含むのだそう。

テーマ:育てている植物や育成法・興味のある植物 - ジャンル:趣味・実用

【2021/10/22 11:23 】
花・植物&野菜 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▽Edit
| ホーム |