fc2ブログ
五大浮世絵師展 NO.2写楽

アートセンターにて


五大浮世絵師展に行ってきました。

歌麿 写楽 北斎 広重 国芳の
作品が展示されていました。

東洲斎写楽浮世絵

IMG_0287_20220508213108f57.jpg

四世岩井半四郎の乳人重の井

IMG_0288.jpg

三世坂東彦三郎の鷲坂左内

IMG_0289.jpg

二代目坂東三津五郎の百姓深草治郎作

IMG_0290.jpg

大童山土俵入り

IMG_0291.jpg

六代市川団十郎の曽我の五郎時宗

IMG_0285_20220508213115c04.jpg

二世嵐竜蔵の金貸石部金吉

IMG_0286_20220508213117f1a.jpg

三世市川八百蔵の田辺文蔵

東洲斎 写楽と言えば大首絵ですよね。

東洲斎写楽は、寛政6年〈1794年〉5月から
寛政7年〈1795年〉1月にかけての約10か月の
(寛政6年には閏11月がある)の短い期間に
役者絵その他の作品145点余を版行したのち
忽然と画業を絶って姿を消した謎の絵師として
知られる。
その出自や経歴については様々な研究がなされて
きたが、現在では阿波徳島藩主蜂須賀家お抱えの
能役者 斎藤十郎兵衛さいとうじゅうろべえ
(宝暦13年〈1763年〉 - 文政3年〈1820年〉)とする
説が有力となっている。写楽作品は全て
蔦屋重三郎つたやじゅうざぶろうの店から出版された。”
Source;https://www.benricho.org/Unchiku/
Ukiyoe_NIshikie/Sharaku/Tachisugata/


東洲斎写楽 #浮世絵 #謎の絵師
大首絵 
【2022/05/14 11:00 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▽Edit
| ホーム |