fc2ブログ
実話 クーリエ 最高機密の運び屋

映画comの記事を読んで


観たいと思っていた映画

クーリエ 最高機密の運び屋
この映画は、実話なんです。

0-main.jpg

Source;https://eiga.com/movie/94669/special/

”【とんでもない実話
平凡なセールスマンが抜擢された
“あり得ない任務”…物語がとにかく面白い!

[あらすじ]
表向きは平凡なセールスマン。
しかし裏の顔は、英国の密命を受けた
スパイ――ただし、特別な訓練を受け
たわけではない“素人”だった。

1962年10月、東西冷戦下。
アメリカとソ連の核武装競争による対立は
頂点に達し、世界中が「核戦争が起きる」と
確信する“キューバ危機”が勃発した。
そんな折、事態解決を急ぐ米CIAと英MI6は
1人の英国人に目をつける。

名はグレヴィル・ウィン、職業は東欧諸国に
工業製品を卸すセールスマン。
彼が依頼されたのは、販路拡大と称して
モスクワへ渡り、ソ連の機密情報を
持ち帰ってくる“スパイ任務”だった。

用意された計画は完璧だった。
ただ“ウィンにスパイの経験など一切ない”と
いう一点を除いて。

当然ウィンは「危険すぎる」と拒否。
それでもCIAとMI6は「君ならできる」と謎の
自信を押し付け、彼をほぼ強制的に
モスクワへ向かわせた。

そこでウィンは、国に背いたGRU
(ソ連軍参謀本部情報総局)の
高官ペンコフスキーとの接触を重ね、
核兵器に関する機密情報を西側へと
運び続けるが……。”

0-640.jpg

英国人セールスマン、グレヴィル・ウィン。
TVドラマ「SHERLOCK シャーロック」の
名探偵ホームズ役で爆発的人気を博し
「イミテーション・ゲーム エニグマと
天才数学者の秘密」でアカデミー賞
主演男優賞にノミネートされたカンバーバッチ

映画実話
このセールスマンがいなかったら?
もしかすると・・・とんでもないことに
なって居たかも知れませんね。

ドキドキしながら観ました。
観ようかどうしようか迷っている方は
是非、観て下さい。


映画 #クーリエ #最高機密の運び屋
カンバーバッチ #核戦争 #実話

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

【2022/07/07 11:00 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▽Edit
| ホーム |