fc2ブログ
天空の蜂

先日、天空の蜂を見てきました。

tenkuu_TU_web_new0.jpg

映画は、1995年が舞台。謎の人物「天空の蜂」に
遠隔操作で乗っ取られたビッグBが、福井県にある
原子力発電所「新陽」の真上に静止するという事態
が発生する。

犯人は、ビッグBの燃料が切れて新陽に墜落する
までの8時間以内に、国内すべての原発を廃棄
するよう要求。
全国民が人質ともいえる危機的状況のなか、息子
がビッグBの中にいると知った開発者の湯原(江口)は
旧知の仲である原発の設計士・三島(本木雅弘)らと
協力し、犯人の野望を食い止めようと奮闘する。

この映画、なんと言っても巨大ヘリコプター ビックB
の迫力が凄かったです!!
B.jpg
全長34メートル、総重量25トン
なんとも大きい化け物ヘリ
001l.jpg
手前に映り込んだ航空自衛隊ヘリとの大きさの違い
見比べて下さい 驚くほど大きなビックBです。

こちらCGなのですが、内部のシーンは30メートル級の
巨大セットを組んで撮影されたようです。

納入式(ビックB)に見学者と来場していた
湯原の妻とその息子。
このビックBに湯原の子供が乗り込んでしまい
飛び立ってしまうのですが・・・・
前半は、この子供の救出劇が見所。

息子さん、しきりに足で色々なものを蹴り
落ち着きのない子供だな~と思っていたのですが
実は、これモールス信号だったのです。
父親に=ボ・ク・ハ・コ・コ・ニ・イ・ルと
ずっと信号を送っていました。
家庭を顧みず、仕事に明け暮れる父親に
こっちを見て!寂しい・・・と言っていたのでしょうね。
このシーンは、ウルっとしました。

そして、テロリスト役の雑賀(綾野)
迫力のある演技でした。
新米警察との絡み・・・
見ていて、うわ!と思ったシーンもありましたが
手錠を外すのかと思いきや
自分の親指の付け根からナイフで切断。
これは、凄いな~~と驚きのシーンでした。
最後は逃げ切れないと思いトラックに飛び込み
亡くなってしまいます。

原発が原因で、子供を亡くした父(三島)
友人を亡くした雑賀
この2人がビックBを奪い、原子炉にヘリを
墜落させる計画を企てる。
三島の協力者、赤峰
どうしても、彼女を見ているとトリックが
ちらつき~うん、、、と思ってしまいました。

とにかく、色々な機関の人間が登場します。
政治家、警察関係、消防関係、原発関係
自衛隊などなど、、、、
原発を巡って色々なドラマが繰り広げられます。
3.11の後、津波や原発関係の事はデリケートな
問題として取り扱われてきました。
映画の予告を見たときにえ~~原発の映画?
そうなんだ。と思いながら見ていました。

もんじゅ
こちらのブログ、読んでみて下さい
http://blogs.yahoo.co.jp/matiplanplan/
63560091.html

引用:原発の問題点がちゃんと描かれている点としては、
「命より電力が大切」「国民を欺く」という政府・電力会社
の姿が浮き彫りにされ、プルトニウム製造原発である
高速増殖炉(もんじゅがモデル)の事故により中四国・近畿
・東海がプルトニウムで汚染されて死の世界になると
いうことや原発が航空機事故やテロに脆弱であることを
伝えている点、原発労働者の被ばくを犯人の動機としている点
無関心な「沈黙の群衆」を批判させている点などである。
---------------------------------
三島の最後の一言
”電力は人命より重い” 考えさせられますね。

詳しいネタバレは、こちらより(小説)
http://1wordworld.blog26.fc2.com/
blog-entry-783.html


もしも、巨大ヘリが落ちていたら?
そう考えると本当に恐ろしいですよね。
今回は、無事海の方に落ちて事なきを得るの
ですが、もしもテロリストや他国に原発を
狙われたら・・・もう日本には住めなくなるし
被害だって相当なな物だと思います。

最初はヘリが見たくてワクワクしながら
見ていましたが、終盤は
本当に色々な事を考えさせられました。

是非見て頂きたい映画です。


【2015/10/08 10:19 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | ▽Edit
<<Recipe:ササゲのガーリックバター&醤油 | ホーム | Recipe:マツコの知らない世界で紹介されたチーズ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://fuzika0985277885.blog.fc2.com/tb.php/1512-9da0d86d
この記事にトラックバックする
| ホーム |